サイナスリフトについて

トップページ > インプラント治療 サイナスリフト(上顎洞挙上術)

骨の幅が足りない方のための治療 サイナスリフト(上顎洞挙上術)とは

上顎の骨の再生手術の術式の一つです。

上顎の奥歯の骨が足りない場合、インプラントの埋入は出来ません。このようなケースの場合に行うのがサイナスリフトです。

サイナスリフト(Maxillary Sinus Augmentation)は上顎の奥歯を抜歯したケースで良く用いられる治療法です。上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材を填入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これが上顎洞底挙上術です。

サイナスリフト


Copyright(c) 2015-2017 奈良の歯科医院 松田歯科医院. All Rights Reserved.