スプリクトクレスト・歯槽堤分割術

トップページ > インプラント治療 スプリットクレスト(歯槽堤分割術)

骨の幅が足りない方のための治療 スプリットクレスト(歯槽堤分割術)とは

骨の高さはあるけど、骨の幅が足りない方、骨がやせ細っている方に行う治療法です。

インプラントを行うためには歯槽骨の救急などにより骨の幅が足りないとインプラントの埋入が出来ません。歯槽骨が5mm以下の場合に行う処置です。

歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法です。骨頂から器具を入れ、骨を二分割し、そこにインプラントを埋め込みます

スプリットクレスト法

Copyright(c) 2015-2017 奈良の歯科医院 松田歯科医院. All Rights Reserved.