ブロック骨移植

トップページ > ブロック骨移植(自家骨移植)

自分の骨を利用して顎の骨を増やす方法 自家骨・ブロック骨移植

他の歯科医院で骨が高さや厚みが足りないと手術をあきらめていませんか?
インプラント治療を行う前に、インプラントを植立するためには骨の幅や骨の高さがないと、インプラント治療が出来ない場合があります。適切な状態でインプラントを行えば、成功率と長期安定が望めます。

自分の骨を削り出して移植する方法「ブロック骨移植(自家骨移植)という方法があります。顎の骨の厚みが足りない方は、「ベニアグラフト」と言う術式と骨が高さや厚みが足りない方は「オンレーグラフト」の術式の2つの方法があります。

どちらの術式も、別な部位から取ってきた患者様の本人の骨を歯槽骨に持ってくる方法で、自分の骨を移植することから「自家骨移植」とも呼ばれています。
本人の骨を使うことで拒否反応の危険性がなく、骨同士の結合が良好に行われるため、安全な方法です。

Copyright(c) 2015-2017 奈良の歯科医院 松田歯科医院. All Rights Reserved.