GBRとは

トップページ > インプラント治療 GBR(骨誘導再生)

骨が足りない方のための治療 GBR(骨誘導再生)とは

他の歯科医院で骨が高さや厚みが足りないと手術をあきらめていませんか?
インプラント治療を行う前に、インプラントを植立するためには骨の幅や骨の高さがないと、インプラント治療が出来ない場合があります。適切な状態でインプラントを行えば、成功率と長期安定が望めます。

GBR法(骨誘導再生手術)とは、骨の厚みや高さを補うための手術です。歯周組織の再生を促す治療法の一つです。術式は2つの方法があります。

GBR法(インプラント埋入前の骨の増大)

骨の厚さが不足しているとインプラントを見合い入しても骨から露出してしまいます。
歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。
歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。 歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。 メンブレンには、吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合(作る骨の量が少ない場合)は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合(作るの骨の量が多い場合)は、非吸収性のものを使うことになります。

GBR法(インプラントと同時に行う方法)

増やす骨の量がさほど多くないときは、インプラントの埋入手術とGBRを同時に行います。まず、その骨の高さの不足しているところにインプラントを骨のほしい高さの所まで埋入します。
インプラント埋入後に周囲に粉砕した自家骨または骨補填材で覆うように置きます。その上にチタンフレームの入った非吸収性のメンブレンをチタンピンで固定し、歯肉弁を戻して縫合します。

Copyright(c) 2015-2017 奈良の歯科医院 松田歯科医院. All Rights Reserved.