歯を失ったままにしてませんか

トップページ > 歯を失ったままにしてませんか?

歯を失ってしまうと、お口の環境や身体全身にも影響が生じます。

歯を失ったままにしてませんか

日常生活の健康を支えている歯はお口の中に見えている部分「歯冠」と顎の骨に隠れていて見えない部分「歯根」から出来ております。
歯周病やむし歯、事故などによって歯を失うと、機能面、審美面、生活面に大きく影響します。

  • 抜けた歯の周りの骨がやせ細る
  • 周りの歯が徐々に移動する
  • 噛む力がど弱くなる
  • 顔の輪郭が変わり、表情が老けて見えることがある
  • 肩こり、頭痛、姿勢の崩れが原因になる
  • うまく話が出来なくなったり、発音がおかしくなる

歯を失ったことで生じる影響は人によりさまざまですが、具体的にどの部分の歯を失ったかによっても異なってきます。歯冠だけを失った場合には歯の見える部分をなくしたことになりますが、歯根も失ってしまった場合には歯の見えない部分もなくしたことになります。歯根は歯を顎骨に固定し、歯冠をしっかりと支えている部分です。
歯根がなくなると、抜けた歯の周りの骨は徐々にやせ細り、残った健康な歯が移動してきて、やがて噛めなくなる恐れもでてきます。 このような問題を解消する治療法として「インプラント治療」があります。

素敵な笑顔と食事を楽しみを取り戻しましょう!

食べる喜びやお喋りすることなど楽しい生活は健康な歯があることにはじまります。歯を失うと、審美的(見た目の美しさ)に損になってしまうだけではなく、きちんと話せなくなったり食生活にも大きく影響を与えます。 人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え替わってきません。

そのため今までは「入れ歯」「ブリッジ」などを用いるしか その部分を補う方法はありませんでした。 しかし「入れ歯」だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。また、「ブリッチ」ですと、健康な歯を削らなくてはならないという欠点が生じます。 このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介いたします。


Copyright(c) 2015-2017 奈良の歯科医院 松田歯科医院. All Rights Reserved.